クロレラは、およそ20億年以上も前から存在していたといわれています。

 

健康食品「クロレラ」にはどんな効果があるの?

 

淡水に自生する緑藻の一種で、植物性の水性プランクトンでもあります。1960年以降健康食品として、販売されるようになりました。このように長く注目されている理由は70種類以上の豊富な栄養素がバランスよく含まれている為、効果、効能を実感している方が多いという証しでもあります。

 

アルカリ性食品の王様と呼ばれるクロレラには、たんぱく質50%、炭水化物20%、葉緑素(クロロフィル)5%でビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンK、各種ミネラル類、パントテン酸、葉酸、核酸、食物繊維などバランスよく含まれています。

 

特に、葉緑素(クロロフィル)を含むミネラル類が素晴らしく、私達の身体で重要な働きを担っています。葉緑素(クロロフィル)には、体内に吸収された細胞を活性化させる抗酸化作用があります。また病的状態にある細胞を、健康な状態にする薬理作用もあります。
クロレラの様々な有効成分がバランスよく含有している事に次のような効果があります。

 

一つは免疫力を高めます。体内の免疫組織の一つのマクロファージの働きを活性化します。血中たんぱくのアルブミン値を上げて、白血病の数を増やします。また生活習慣病に大きな効力を発揮します。クロレラの栄養成分が血圧や血中コレステロール値を低下させます。
女性に嬉しいエイジングケアにも、とても人気があります。クロレラの持つ抗酸化作用は老化の進行を抑えて、血液機能を守るため美肌を始め新陳代謝も上がります。また赤血球回復に役立って、造血作用を活発にして貧血を改善します。

 

クロレラ研究機関では、抗ウィルス作用、抗ガン作用が認められてはいます。免疫担当細胞のマクロファージの活性を高める作用があります。クロレラの細胞壁の成分が、インターフェロンの産生を促進するデータも確認されています。
このように素晴らしいクロレラでも希に副作用として、アレルギー、嘔吐、下痢などありますが、販売される品質の厳選に注意して長く飲み続けたい食品です。